NTT DATA 【Global IT Innovator】

株式会社NTTデータエービック

WAM基準価額メール配信サービス お客様に適切な情報を提供し、アフターフォローのタイミングを逃さないための必須システムです。

サービス概要

お客さまのこんなご要望にお応えします。基準価額が12,000円になったら知らせて欲しい。分配金が出たら知らせて欲しい。


基準価額メール配信サービスは、ファンドの基準価額、分配金等の情報を
希望するタイミングにEメールで自動配信するサービスです。

基準価額メール配信サービスはテキストメールで配信するため、Eメールを受信する端末は問いません。


お客様が
登録する場合

金融機関HPやインターネットバンキングサイトからお客様自らご登録できます。


お客様フォローを自動的に行えます。

営業担当者が
登録する場合

営業担当者のメールアドレスを登録することで、
アフターフォローのタイミングをお知らせするツールとして活用することもできます。


担当顧客へのアフターフォローのタイミングを逃しません。

選べる3つの機能

定期配信サービス
ファンドの基準価額を基準日の翌日にお届けするサービスです。
配信頻度は、毎営業日、毎週末、毎月末のうち、お客さまのご希望の配信頻度を選択できます。
毎日の基準価額が気になる方にお薦めです。
分配金通知サービス
ファンド決算日の分配金を翌日にお届けするサービスです。
決算日の分配金がいくらになったかが気になる方にお薦めです。
通知サービス
ファンドの基準価額が、設定した上限や下限の価額に到達した場合に、翌日に配信するサービスです。
基準価額がある一定の価額となった場合に購入、または売却を検討している方にお薦めです。

※各種サービスとも、複数ファンドを登録されている場合1通のメールにまとめてお知らせが届きます。

便利な3つの登録方法

本サービスはホームページやQRコードを使用し、
パソコン、スマートフォン、フィーチャーフォンから、簡単に登録することができます。

登録方法

ホームページ
ホームページ金融機関のホームページにファンド登録ページへのリンクボタンを設置。

登録方法

メール
メール各ファンドの情報ページに空メール送信用のボタンを設置。
※メール送信に使用したメールアドレス宛てにファンド登録ページのアドレスが送信されます。

登録方法

QRコード
QRコード金融機関のホームページやパンフレットにファンド登録ページのアドレス(QRコード)を掲載。

マーケティングツールとしての活用

本サービスの管理ツールから、金融機関様側で配信するメールのヘッダー部分を編集できます。
本機能を利用することで、基準価額メールを広告などのマーケティングツールとして活用することもできます。

  • ヘッダー部分の編集が可能ヘッダー部分の編集が可能

    本サービスの管理ツール

  • 次へ
  • 基準価額メールを配信基準価額メールを配信

    基準価額メール配信サービス

  • 次へ
  • 配信メールのヘッダー部分をマーケティングツールに活用配信メールのヘッダー部分を
    マーケティングツールに活用

    基準価額お知らせメール

充実の安全対策

本サービスは、Microsoft Azureのサービスを利用し、提供されているセキュリティ機能で安全対策を行っています。

Microsoft Azure FISCの安全対策基準に対する対応状況を公開
ウィルス、マルウェア、DDoS対策を装備
セキュリティシステム ・365日24時間 死活・リソース監視システム
・WAF(Web Application Firewall)
・Webセキュリティ診断システム
・メールゲートウェイシステムを導入

本件に関するお問い合わせ先

電話番号 03-6435-5980 受付時間 9時00分~17時30分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせはこちら